マンションリノベーションで憧れのブルックリンスタイル » 横浜エリアのマンションリノベーション・リフォーム事情

横浜エリアのマンションリノベーション・リフォーム事情

このページでは、横浜エリアにおけるマンションのリノベーション・リフォーム事情や費用相場、中古マンション購入に関する情報を取りまとめてご紹介していきたいと思います。

率直に申しますと、横浜という土地柄は、既存の中古マンションを購入し、リノベーションやリフォームを施すという事例が多く見られ、またそうしたことを行うのに適していると言えます。元々から商業エリアとして、港町として発展を続けていること、東京にもほど近いこと、一方で、少し足を伸ばせば海や山のレジャーも楽しめます。

そうしたことから、かねてより居住ニーズも高く、築年数の経過したマンションも豊富にあり、予算や立地など、豊富な選択肢から、リノベーションやリフォームを施す物件を選ぶことができます。また、そうしたニーズに応える施工業者も、多く存在しているといった好条件が重ねっているためです。

横浜のマンションリノベーション相場

とある調査機関によれば、マンションリノベーションにかかった費用として、一番のボリュームゾーンは700万円~1,000万円、次いで500万円~700万円が続き、3番目が300万円~500万円、4番目が1,000万円~1, 500万円という結果が報告されています。また「1m²あたりの費用」では、10万円~15万円が圧倒的な割合でトップ。次いで5万円~10万円が2番手、3番手には15万円~20万円とのこと。

しかし、こうした数字は、あくまで目安として考えるべきです。重要なのは、施主として予算はどれくらいで、どこまでの仕上がりを望むのかを、しっかりと見極め、プランニングすることです。単にお金をかければ満足する物件に仕上がるというものではありません。また近年では、より手軽にリノベーションが実現できる「定額制プラン」を用意している業者もあります。

横浜エリアの中古マンション事情

横浜市全エリアの中古マンション平均坪単価は162.6 万円/坪となっています。ただし、一番高額な西区では217 万円/坪、最安値の旭区で88万円/坪と、約2.5倍もの差があります。この点でも数字はあくまで目安と考え、実際には、個々の物件の立地や築年数、間取りなどの要素をしっかり吟味した上で選ぶことが賢明です。

また購入時のチェックポイントとして、マンションの耐震性能や既に住んでいる方々の人となり、管理組合の活動状況、そしてリノベーションの自由度といった項目が重要になってきます。

ブルックリンスタイルにリノベ
するならこの業者がおすすめ!

定額制マンションリノベーション業者3選 【横浜編】